スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by HAPA  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

メッセージ

最近 楽しいことはあった?
最近 心から笑った?

はいと言えない君
それに気づき ぼうぜんとする

最後に心から楽しんだのはいつ?
最後に心から笑ったのはいつ?

思い出せない君
いつのまにか凍りついていた
君の感情

いろいろなことがあった
毎日が忙しすぎた

そうだね でも

君は気づく
君の感情を凍らせたのは
君自身であることを

思い出して

幼いころ
君はただ笑っているだけで
多くの人を幸せにした

今も変わらない

君は
楽しんでいい
笑っていい

人生を楽しむことは君の生きる証だから
心から笑うことは君が贈る最高のプレゼントだから
スポンサーサイト
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 01:02 |  コトバ 愛する |  comment (8)  |  trackback (1)  |  page top ↑

仮定と現実

彼女と喧嘩した

僕が悪かった

機嫌を直してもらうために
いろいろと考える

花を贈ってみよう
服のコーディネイトをほめてみよう
髪型の変化 今度こそ見逃さないぞ
やさしい言葉を かけよう
なにより
彼女のことを きちっと見よう

みんな
喧嘩したから
することじゃない
喧嘩する前から
そうしておけば いいことばかり

仲直りしたら
今度こそ 普段から

そして現実

花を贈ったって
やさしい言葉をかけたって

それでは機嫌は直らない
当然機嫌は直らない

なぜ怒っているのか分かってるの

喧嘩したから
することじゃない

喧嘩中は
してはいけない

喧嘩中にやっていいのは
きちっと見ることだけ
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 12:37 |  コトバ 愛する |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

(再掲) 種の君へ

娘よ
君は種

僕は
土を耕し
水をやり
肥料を与え
害虫をとり
日当たりのよい場所に鉢を移す

でも
どんな葉をつけるのか
どんな花をさかすのか
どんな種をのこすのか

娘よ
それは君が決めることだ

君は自然に伸びていく
僕はそれを妨げない豊穣な土を用意しよう
当然水や肥料にも気をつかう
害虫もしっかりとろう

ああ わかったよ
害虫かどうかは君と相談しよう

君が
どんな葉をつけるのか
どんな花をさかすのか
どんな種をのこすのか

不恰好でもかまわない
君らしく伸びてほしい

僕は本当に楽しみだ

続きを読む »

テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 01:33 |  コトバ 愛する |  comment (18)  |  trackback (0)  |  page top ↑

おやすみ

心に刺さった
無数の小さなとげ

気づかないふりして
がんばってきたんだね

いいよ 今日くらい 

疲れたからだ すべてゆだねて
子供のように 目をつぶって

君の髪をなでよう
何度も何度もなでよう

少しずつ少しずつ
心が傷つかないよう注意して
君のとげを 溶かしていくから

君は泣いていい
好きなだけ泣いていいんだよ

流れる涙とともに
心のとげは 流れていくのだから
心のきずは 癒されていくのだから

体をすべてゆだね
心のまま涙したら

今はただ おやすみ
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 00:01 |  コトバ 愛する |  comment (16)  |  trackback (0)  |  page top ↑

幸せを増やすこと

世界中で幸せな人が少しでも増えますように

静かに祈っているあなた

祈りはもちろん大事ですが
あなたができることも
始めてはいかがですか

まずほかならぬあなたが
最初に幸せになってください

ほら 一人
幸せな人が増えました

幸せになったあなたをみれば
私は幸せになります

ほら 二人
幸せな人が増えました

幸せな人の数を減らさないように
あなたと私が幸せなまま

少しずつ少しずつ
幸せな人を増やしていきましょう 
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 14:05 |  コトバ 愛する |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

選択

今日小学校でなにがあったの

僕の質問に

うーーーーーーーーん   ないっ

ーーーーーーーーの間に
どれだけ多くの出来事が
小さな君の頭をよぎっていったのだろう

そっか

僕は笑顔で応えた

今日は聞かないでおくよ

朝からの出来事を
順番に話していた君が

成長した記念に
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 00:50 |  コトバ 愛する |  comment (14)  |  trackback (0)  |  page top ↑

同じ根っこ

君と僕とは全然違う
君は女
僕は男

君と僕とは全然違う
君は子供
僕は大人

君と僕とは全然違う
君は部屋で靴を履く
僕は畳に正座する

君と僕とは全然違う
君は信じる 神様を
僕は信じない 神様を

だけど ね
感じるんだ

心の一番深い奥
同じ根っこがあることを

ねえ お互いに認めよう
同じ根っこを認めよう

楽しくやれるはずなんだ

全然違う 君と僕
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 01:51 |  コトバ 愛する |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

雨の中 傘もささずに
歩道で立ちつくす二人

信号が変わっても
渡ろうとせず

目をあわすことなく
向き合って
時が止まったような
表情で
ただ濡れていた

雨はいよいよ強くなり
雨粒の光が乱反射する窓越しに
二人を見ていた僕達の車は
青信号に引かれるように そっと離れた

僕達は黙っていた

あの時 
雨に濡れながら
涙に濡れながら
君はなにを思っていたのだろう

ねえ



なんでもない
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 10:03 |  コトバ 愛する |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

贈り物

笑顔 いいよね

満面の笑顔を向けられたら
やっぱりいい気分になるよ

大切な人には
自然と笑顔を向けちゃうしね

きっと 明るい笑顔は
最高の贈り物なんじゃないかな

だから無理しなくていいけどさ

朝起きたときは

鏡に向かって
笑顔を送ろう

だまされたと思ってやってごらん

朝一番に
大切な自分に

飛び切りの笑顔を贈ろう

続きを読む »

テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 13:41 |  コトバ 愛する |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

想像してください

人を傷つけてかまわないというのなら
どうか想像して
ナイフで切りつけられた痛みと悲しみを

人生こんなもんだというのなら
どうか想像して
あなたの経験がすべてじゃないことを

誰にも愛されていないというのなら
どうか想像して
あなたが生まれたとき喜んだ人がいることを

今まで愛を受けたことがないというのなら
どうか想像して
今から愛を受けることができるということを

自分や他人の命を奪う前に
どうか想像して
死は取り返しがつかないことを
死は最後であることを

思念の檻に囚われる前に
どうか想像して

どうか想像して
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 07:28 |  コトバ 愛する |  comment (12)  |  trackback (0)  |  page top ↑

誕生

小さな手
僕の指を握る

さっき誕生した
はかない力に
確かな命を感じて

そして

僕のこころに生まれた
新しい想い

それは想像すらしなかった
感情

いとおしさ
せつなさ
誓い
決意
そんな想いが
混ざり合う

父としての想い

それは
君が運んできた
もうひとつの誕生
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 23:28 |  コトバ 愛する |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ゆるやかな午後

久しぶりの我が家のベランダをみると
新しい花が仲間入りしていた

この花の名前はなに

さくらそうよ
妻が答える

きれいな紫色だね

さくらそうはピンクよ
妻は意外そうに答え しばらく間をおいて
そう…ね ピンクに紫がさしているといえるのかも

と 微笑んだ

そんな人のやりとりを尻目に
さくらそうは 私は私よと
すましていた
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 14:28 |  コトバ 愛する |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

みえてくるもの

詩人の眼をもちたい
画家の眼をもちたい

僕は詩も絵もへただけど

眼をもたない昨日の僕は

路傍の花を踏み潰し
暑さ寒さもわからない
雨が降れば憂鬱に
今夜の月はなんだっけ

人のこころの傷あとも
僕がつけた傷あとも
笑顔の裏の悲しみも
涙にひそむ小さな決意

僕はなにもわからなかった

詩人の眼をもちたい
画家の眼をもちたい

たとえ眼をもち みることで
苦しむことがあろうとも
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 11:23 |  コトバ 愛する |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

種の君へ

娘よ
君は種

僕は
土を耕し
水をやり
肥料を与え
害虫をとり
日当たりのよい場所に鉢を移す

でも
どんな葉をつけるのか
どんな花をさかすのか
どんな種をのこすのか

娘よ
それは君が決めることだ

君は自然に伸びていく
僕はそれを妨げない豊穣な土を用意しよう
当然水や肥料にも気をつかう
害虫もしっかりとろう

ああ わかったよ
害虫かどうかは君と相談しよう

君が
どんな葉をつけるのか
どんな花をさかすのか
どんな種をのこすのか

不恰好でもかまわない
君らしく伸びてほしい

僕は本当に楽しみだ
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 01:46 |  コトバ 愛する |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

冬の陽

学生時代によく君といった喫茶店

本当に久しぶりに行ってみたら
まるで違う店になっていた

違うテーブル
違ういす
違うメニュー
違うひとびと

思わず眼を閉じる

ゆっくりと
眼を開けると

かわらぬ君の笑顔

よかった

ここは あの店なんだね
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 01:22 |  コトバ 愛する |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

なぜ

話したい話題があったのに
笑いあえるはずだったのに
なぜ
どこで狂ったんだ

今 僕と君の間には

沈黙が横たわっている

違う
そんなつもりじゃない
行き違いさ わかるだろう

でもことばにならない
何かが 僕ののどをしめつけ
声をかけられない

そして今も 僕と君の間には

沈黙だけが横たわっている
テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 00:43 |  コトバ 愛する |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

愛のかたち

手をつないで歩く
中年夫婦

どちらもちょっと
中肉中背

どこからどうみても
中年夫婦

フン
いい年して

みてられねーよ。

この愛が
ずっと続くようにと願っている人よ

「永遠の愛」にあこがれる人よ

こんな中年夫婦こそ

愛をずっと続けている男と女

永遠の愛に向かい
確実に歩んでいる男と女

テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 02:20 |  コトバ 愛する |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

携帯電話

君の声は、
これほどまでに
耳のそばで聞こえているのに
僕は君にふれることはできない。

君が大好きな

手を握ることも
髪をなでることも
うで枕も
何もしてやれない。

君の声はこれほどまでも
耳のそばで聞こえているのに。

続きを読む »

テーマ: 自作詩 -  ジャンル: 小説・文学
by HAPA  at 01:31 |  コトバ 愛する |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

HAPA

Author:HAPA
びわ湖のほとりと23区の
二重生活をしています。

●このブログは…

 自作詩、日常で感じたこと、本の紹介などを書いていきます。

 本の紹介では、自己啓発本などを中心に、HAPAが感銘を受けたり学んだことを書いていきます。
 更にこれらの本で学んだことを、実際にやってみて感じたことも書いていきます。

●詩について
 つたないコトバですが、 著作権は放棄していません<(_ _)>

●内容と関係ないと思われるコメント、トラックバックは、削除させていただく場合があります
 <(_ _)>
  

最近のコトバ
ブログランキング
お気に召したものがあれば、ぽち をお願いします。はげみになります。

FC2Blog Ranking

最近のコメント
ありがとうございます。
クリック募金
クリックで1日1円の募金になります。 自分用としておいていますが、説明を読んでもらえると、うれしいです。
   
クリック募金とは、クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで、無料で募金ができる仕組みです。あなたに代わって、スポンサー企業が寄付をするのであなたには一切お金がかかりません。
ドンブリのなかみ
リンク
このブログをリンクに追加する
ご訪問 ありがとうございます
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2ブックマーク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。